スタディサプリと他社サービスの違い

スタディサプリ,違い,比較

 

最近、多くのオンライン授業が開発されています。講師の教授法、映像技術、演習問題の質と量、おまけなど、各社各々コンセプトがあり、子ども達の学習意欲や集中力を増す工夫をしています。利用者側も、体験して比較してみたが、一長一短だという意見が多いようで、あとはお子様に合うかどうかを一度体験をしてみてから選択するしかありません。

 

わたしは親として子どもの性格やライフスタイルを熟知している。もちろん、そうでしょうが、成長期の子どもは意外に親のイメージを超えています。

 

子どものことはよく知っていると過信せず、今一度お子さんの様子、結果を見極めてみる必要がありそうです。無料体験も多いので、それぞれを比較し、お子さんと検討してみると、学習とは何かを考えるいい機会になります。

 

例えば小学生では、おまけがつくとか、ゲームのように学習時間が蓄積するとがんばったご褒美がつくものなどに惹かれがちでしょう。が、もう高学年です。本来の目的を考えさせ、学習と遊びのけじめをつけ、学習内容を重視する考え方を提案して心を成長させる契機にしましょう。高学年になれば、幼稚なことから卒業し、背伸びして大人びたことに挑戦したい気持ちも生まれています。

 

スタディサプリは月額料金が断然に安い!

スタディサプリは、他社と比較して、月1,000円以内に費用を押さえています。安い分、授業の質も悪いかも・・・と疑うかもしれません。

 

しかし、スタディサプリ体験者の多くは、「他と比較して、スタディサプリの授業は、有名学習塾でベテランの優れた講師が長年培った指導技術を駆使して行い、わかり易く、おもしろい。効率的に知識を定着させるテクニックがある。演習問題の量も充実している」と言う声が挙がっております。

 

また、練習問題は解くとその場で正誤チェックされ、即時直す機会が与えられます。他に小学生は学習の進捗状況をメールで保護者の方に送るサポート体制もあります。
中学生にはその機能がないので、中学生も管理してほしいという声もあります。でも、それは賛否両論です。中学生は自己管理できるはず。

 

本人自身に計画的な学習をさせ、時々進捗状況を親に報告させるようにしてはどうでしょう。日常的に「勉強しなさい」と追い立てるのではなく、成績の結果を見て、取り組み方をアドバイスしてはいかがでしょう。できないと決めつけず、根気よく叱りながら自立させていくことで親離れできるきっかけになるのでは無いでしょうか。

 

スタディサプリ,違い,比較

 

スタディサプリ小学・中学講座はこちら

 

スタディサプリ高校・大学講座はこちら

 

他のオンライン学習との違いは「サポートの」手厚さ

スタディサプリは他社と比較して、余分なサポートを削って費用負担を軽くするという点に特徴があります。

 

わかり易い解説、聞き落としたところは何度でも聞き直すことができる。いつでも思いついたときに繰り返し学習できる。確認テストで理解度をチェックできる。
それ以上のサポートは逆に学習の邪魔になると思いませんか?

 

他社のオンライン授業では、先生とチャットできる機能を持つものもあるそうですが、体験者の話では、ほとんど雑談で、学習に直接役立っていないとのことでした。

 

本来、学習の理解、記憶は、自分で工夫するべきものです。小中学生のこの時期、支援は最低限にしぼり、自立的な学習をする習慣をつけることが今後の人生を生き抜く上で大切な精神の成長を促すのでし。

 

そういった意味ではスタディサプリは適度な学習支援と言えると思います。