運営会社は実績があるリクルート

勉強サプリ,リクルート

リクルートグループが大学受験向けに開発したオンライン授業で、累計会員が138万人に達する業績で、開始直後から評判となり、レビューでも多く好評を得ていました。その受験サプリの大学受験向けのノウハウを、小学4年生から中学3年生までを対象に応用したのがスタディサプリです。

 

ネットでの評判やレビューでもよく名前が挙がるようになりました。

 

勉強サプリ,リクルート 勉強サプリ,リクルート

 

リクルートグループは、生活の様々な分野の商品を社会に提供する企業です。
先日、レビューのサイトで、「スタディサプリは、もともと教育業界の企業ではないリクルートが開発したのだから、他社と比較してシステム的に劣る」という投稿を目にして少し違和感がありました。

 

リクルートが2011年からサプリシリーズを開始した背景には、二つの社会問題があります。
教育格差と家族の崩壊です。

 

一つ目の教育格差は、予備校や塾に通えるか否かによって、成績に差が出るという問題です。
それは、親の所得の差、そして、通いたくても予備校や塾のない地域に住む子もいる居住地域差の二点に起因します。子どもは親も地域も選んで生まれてくるわけではないのに生まれながらに不平等が生じるわけです。

 

勉強サプリ,リクルート

 

二つ目の家族崩壊の問題。
子ども達が予備校や塾に通い、家族バラバラに食事する現状が、人格形成期の子ども達に与える影響を問題視したということです。
リクルートがその二つの問題の解決方法として開発した受験サプリ、そして今回のスタディサプリの特長にその姿勢が表れています。

 

980円という破格の価格

所得格差の解消

 

家庭学習

家庭に学習の主導権を取り戻す狙い

 

と開発責任者の方が述べています。

 

教育業界で教育だけに邁進する会社にもそれだけのポリシーがあるでしょうが、他の分野からの参入という理由だけで内容的に劣るというのは少し短絡的かと思います。
グループのそれぞれの分野には専門性の高い人材が配置され、教育分野も例外ではありません。

 

そうでなければ、受験サプリが100万人以上の学生に指示されるはずがないのでは・・。

 

憲法に謳う教育の機会均等と家族の絆は現実の社会では絵に描いた餅です。その教育問題に真摯に取り組み、本物の餅にすべく努力している企業が教育の素人であるはずはないと言えます。

 

スタディサプリは月1,000円以内に費用で受講できます。