スタディサプリは不登校の生徒でも申し込みが出来る?

勉強サプリ,不登校

集団生活で起こるクラスメートや教師との人間関係の問題、学習方法になじめないなど、不登校の原因にはいろいろあります。
ほとんどのケースで不登校の子は「今の自分」に満足はしていません。

 

学習できるきっかけを求める気持ちはあっても、傷ついた心ではなかなか外に飛び出す勇気が生まれません。
少ない人生経験の中で思いつく方法は限られています。何かきっかけさえあれば・・・。

 

オンライン授業はどうでしょう。IT時代の新しい家庭学習方法で、自宅のパソコンやタブレットで授業が受講できます。
外に出る必要がないので、不登校に伴う学習の遅れを苦にして打開策を探している子にはチャンスと言えます。

 

各社がさまざまなコンセプトで発売し、受講者は比較して保護者への成績報告、講師や他の受講者とのチャットなど必要なコンテンツを備えた配信を選びます。
そのような付加サービスが価格の差になります。

 

そのサービスを排除して低価格に抑えたスタンダード版がリクルートの『スタディサプリ』です。
授業は有名学習塾ベテランの講師による無駄のない集約された指導で、一回が15分程度と、集中力が切れる前に終えます。

 

勉強サプリ,不登校

 

理解度確認のためのドリル問題や応用問題、テスト対策問題などが受けられます。
中間・期末などテストだけでも受けていれば、内申点が確保でき、学校にも登校の意志を示すことができます。

 

何より一歩でも二歩でも自分で学習を進めれば本人がしっかりした自信をつけることができます。
不登校期間が長ければ、学年、単元をさかのぼって学習する必要があります。

 

スタディサプリは、小4〜中3の間のどの学年のどの単元の授業でも選ぶことができ、何度繰り返し利用しても受講料は月額980円の一定です。
本人がやる気にさえなれば、他人に知られずに中学生でも小学校の算数からやり直すことが可能なのです。

 

もし、学力のことで登校に気後れしているのであれば、自宅で受講して自信をつけたはずみで登校することができます。
スタディサプリは、親の所得格差、塾・予備校の有無の地域差などによる教育格差を払拭するという発想で開発されました。

 

勉強サプリ,不登校

 

根底に教育の機会均等があります。ネットで「スタディサプリは不登校でも申し込みできますか?」という質問を見たことがありますが、不登校のようなちょっとしたつまずきに、なぜそのように卑屈に気弱な表現になるのでしょうか。

 

不登校はちょっとかぜをひいたのと同じ、休んで心を立て直し、きっかけを見つけてまた学校に行けばいいことです。
学校に行くことはなぜいいか。
集団生活しておくと、その後、社会に出るとき気後れしなくてもいいから。

 

学校以外で社会に出て集団生活できる場所があればそこでもいいと思います。
スタディサプリは不登校児の申し込みに最適です。自宅で外に出る準備ができるからです。

 

本人が自分で無料体験で確かめ、しっかりした計画を立てて取り組めば将来堂々と社会を闊歩できる自立の一歩となります。